コーチングの向き不向き

コーチングにも、向いている(効果が見込める)状態と、不向きな状態があります。

 

向いている状態とタイプ

●「変わりたい」と望んでいる、心の準備ができている

コーチングは、より素晴らしい状態へと変わるための方法だからです。

●意欲的であること

意欲的に取り組まれるほど、得られる効果が大きくなります。

●自尊心を育てたい方、向上心のある方、素直な方、も効果が上がりやすいです。

 

不向きな状態

●精神疾患で治療中のとき

精神疾患で治療中の方には、コーチングは心理的負担が大きく、十分な効果が得られません。

そうした時には、セラピストのカウンセリングのほうが効果的ですので、そちらをおすすめ致します。

●変わりたくないと思っているとき

とりあえず現状で安定しているので、変わりたくないと思われるとき。

●やる気が起きないとき

例えば、誰かから勧められたりして、不本意なまま参加される場合など。

 

コーチングは、うまく取り入れられれば非常に効果的な方法ですが、万能の魔法ではありません。

同じ一人の方の中でも、向いている状態の時と、そうでない時があるのです。