コーチは何をしてくれるか

ある時、こうおっしゃるクライアントさんがいました。

「○○先生のセミナーに行ったし、△△先生の講演会にも行った。××先生の本も読んだけど、何も変わらない」

この方は、一瞬のうちに「カミナリに打たれたように」変わりたい!と思われているのでしょうか。

それとも権威のある方から自分の進む道を示す「ご神託」を得たいのでしょうか。

ここにあるのは、「誰か」が何かしてくれるはず、という期待です。

 

でもコーチングに期待されるメリットは違います。

「何か」をするのはご本人です。コーチは支援するだけ。

 

仮にクライアントさんをマラソン選手だとしましょう。

練習メニューを提案するのはコーチですが、実際練習するのは誰ですか?大会で走るのは?

ご本人ですよね。コーチが代走なんてしませんね。それと同じです。

 

人生を走る時、本人以外、誰も代われません。自分で人生を走り抜けるわけですね、みんな。

そこでコーチは走りやすいように、また早く走れる(成果が出る)ようにサポートします。本人の現在地点もお知らせします。

 

だからコーチングで成果を得たかったら「自分が何をしたいか」はっきりさせて「自分で」動くことです。(コーチは何をしたいかを見つけるお手伝いもします)

口を開けて待っていても、人生は変わりません。

 

コーチにどんどん相談して下さい。一緒に考えます。あなたと違う視点から見ていますので、あなたが気づかなかった「提案」もします。

コーチは人生を伴走するサポーターです。主役のあなたがいてこそ、役に立てます。

さあ、一緒に走り出しましょう! あなたの次のステージへ!